新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々の霊(みたま)のお道立てと感染された方々の回復、感染拡大の速やかな終息をご祈念申し上げます。そして、新型コロナウイルス感染症に立ち向かわれている医療従事者の皆さまに感謝申し上げます。

第39回 金光教東京平和集会

開催テーマ 「国際法の歴史を学び 平和実現の道を求める」

日時:2022年7月17日(日)14時~16時

会場:金光教館(JR秋葉原駅下車 昭和通り口から徒歩3分)およびオンライン
※参加お申込みは、メニュー欄の平和集会参加フォームから。7月13日締め切り

 今年2月24日、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まり、両国は戦争状態に突入しました。それ以来ウクライナ国内では連日数多くの犠牲者や避難民が出ており、そのことに世界中の多くの人々が心を痛めています。それにもかかわらず今なお状況は予断を許さず、解決の糸口は全く見出せそうにありません。
 本来国家間の紛争を解決するために存在しているはずの「国連」はほとんどその役目を果たすことができず、国際的な合意に基づき規定されているはずの「国際法」も場合によっては何の力も持たないことが広く知れ渡りました。一旦始まってしまった戦争を終わらせることは容易でなく、たとえどんな理由があったとしても戦争を始めることは決して許されないということが痛感されます。
 こうした状況を受けて、今年の東京平和集会では「国際法と戦争」に焦点を当てて開催したいと思います。今日の私たちを取り巻く状況を正しく理解し、一人ひとりがこの問題について真剣に考えることによって、お道の信心を進める私たちの「世界真の平和と人類の助かり」実現への一つの契機にしたいと願っています。

なお、新型コロナウイルス感染症の状況次第では、実施方法および内容について変更することがあります。
peace2022.jpg
チラシダウンロード

主な内容
学びのひろば パート1 午後2時~
ロシアとウクライナの状況を受け、国家間の紛争解決策とされる国際法について基礎的な知識を学びます。

学びのひろば パート2  午後2時30分~
国同士の争いや意見の相違を解決する方法として、なぜ戦争はいけないのか、戦争を回避する効果的な道はないのか、非武装・非暴力の有効性とはといったことについて議論を深め、金光教信奉者としての観点から我々の依って立つべきあり方を求めていきたいと思います。

戦争死者慰霊・平和祈願祭 午後3時30分~
戦禍の犠牲となられた方々に思いを寄せ、お悼み申し上げ、霊様たちの立ち行きを祈り、世界真の平和実現を願ってお仕えします。