ぐちゅうれき
具 注 暦


具注暦断簡 保安4(1123)年
暦の下に、その日の吉凶・禍福・季節の変動などが注記されている暦を、具注暦という。金光図書館には、多くの具注暦が保存されている。
 そのうちの4点は、日本に現存するものの中でも古く、暦の裏側や、行間に記されている文書も珍しいものである。
 昭和41年には、当時の東京天文台長が、これらを詳しく調査し、年代の確定などについての論文が、金光図書館報『土』87号に発表されている。

紙背(仏書が書写されている)
写真に掲げた具注暦は、保安4(1123)年の平安時代末のものであり、暦の裏には仏書が書写されている。その他、建保3(1215)年、宝治元(1247)年、正平8(1353)年等の具注暦が保存されているが、宝治元(1247)年のものは、暦の行間に奈良大乗院門跡の日記が記されており、『大日本史料』に暦の全文が掲載されている。


Copyright(C) Konko Library All right reserved