過去の掲示板文例

【み教え】


347 させていただく心 

何事も自分でしようと
がんばることは大切です
でも
がんばりすぎて
無理をしたり
身体をこわしていませんか
自分がするのではなく

神様に祈って
させていただく心ですれば
足りないところを
神様がたしてくれます

2016年5月20日__17


328            

牛や馬は、わが子が傷ついても
助けることができません

人は、子供がケガをしたら、
すぐに手当てをしてやれます

人には、自分の思うように働き、
人を助ける力を授かっています

その能力を存分に発揮できる
生き方をしたいものです

2015年7月29日 H27.__16


322          

人が人を助けるのが人間である

笑顔で声をかける
話し相手になる

たとえそれだけでも
人のために行えば
相手の心が元気になり
助かりに繋がっていく

2015年4月27日 H27. __15


275 日ごろから

日ごろから仲良くしている人には
何かと頼み事もしやすいし
無理も聞いてくれます

それは神様も同じ

日ごろから神様に手を合わせ
お礼と喜びの心で暮らしていれば
いざという時にも助けてくださいます

苦しいときだけの神頼みに
なっていませんか?"

Friday, May 24, 2013 H25.__14


273 「世界は広い」

わたしの生きるこの世界
計り知れないほど広いもの。
まだ見ぬ場所や人
幸福や不幸が
あとどれくらいあるのでしょう。

目の前だけ見ていると
世界は小さい。
心は大きく
広い世界は、広いままに。

Wednesday, April 24, 2013 H25__13


264           

ネット上の書き込みや酒の席では
他人のうわさ話から始まって
つい批判や悪口に発展しがちです

金光教祖は
「そういう場からなるべく逃げて
陰で人が助かることをすれば
おのずと神様のお恵みがある」
と言われました

誰も見ていなくても


神様は見ておられます

Thursday, November 29, 2012 H24.__12


239  「あいよかけよで立ち行く」 

金光教では神様と人との関係を
親子にたとえます

親は常に子どもの幸せを願い
子どもが病気などで辛い思いをしていると
親も同じように辛い思いをします
それと同じで
神様は私達の幸せを常に願って下さり
私達が辛い思いをしていると
同じように辛い思いをされ
私達が幸せだと喜んで下さいます

このように願い願われながら
共に助かる関係を
金光教では
「あいよかけよで立ち行く」といいます

Friday, November 25, 2011 H23.__11


236  良い日 悪い日

家を建てるときや結婚式などで
日柄が良いとか悪いとか言います

人は本来生まれる日と死ぬ日を
自分で決めることはできません

それなのに生きている間だけ
日柄の良し悪しを言うのは
おかしな事ではないでしょうか

何をするにも神さまにお願いして
都合の合う日を選べば
それが良い日なのです

Sunday, September 25, 2011 H23.__10


233  金光教の生と死

死ぬということは
魂と体が わかれることです
魂は 分け御霊と言って
神様から 分けて頂いたものなので
神様のもとへ帰り
体は地から生まれ 地に帰ります
死ぬということは
神様のもとへ帰り
御霊の神となることなので
死んだ後も  拝んでもらえるような
生き方をすることが大切です

Thursday, August 25, 2011 H23.__09


228  素直になって

自分の子供が悪いことをしたとき
「ごめんなさい」と素直に謝れば
親はひどく叱ることはしません

それと同じように神様も
「自分が悪かった」と心からおわびしたら
罰を当てるようなことはなさいません

神様は私たち人間のことを
かわいい子供のように思っておられます

素直になって心を改めることが大切です

Wednesday, May 25, 2011 H23.__08


223  金光教の修行

金光教では心行(しんぎょう)といって
心の行をします
人や物事に不足を言わず
自分の仕事を一生懸命に勤め
贅沢をせず倹約をし
そのことを誰にもいわないで
一日一日を大切に過ごす
これが心行です

Friday, March 25, 2011 H23.__07


220  違いがあるからこそ

「お兄ちゃんは算数が得意だけど、
  ボクはあんまり好きじゃないな。
  でも、工作は上手なんだよ。」

人はそれぞれに違いがあるからこそ、
別々の仕事や役割を果たすことができ、
世の中のお役に立てるのです。

優劣なんてありません。
人はみな、一人ひとりが価値のある、
素晴らしい存在なのです。

Tuesday, January 25, 2011 H23.__06


214  金光教の助かり

金光教は話を聞いて助かる宗教です
話を聞くことで
神様が私たちにかけて下さる願いを知り
神様の願いにそった生き方をしていく中に
助かりが生まれます

Monday, October 25, 2010 H22.__05


210  金光教の神様

金光教の神様について話します
名前は「天地金乃神(てんちかねのかみ)」と言います
すべてを あたたかく包んで下さる
「天」であり
美しいものも 汚きものも
だまって受けとめて下さる
「大地」であり

日々 私たちは 天と地の間で
神様に見守られて生活しているのです

Wednesday, August 25, 2010 H22.__04


195  神様のお土地

誰でも自分の家に他人が上がりこんで、
勝手に騒いで散らかしたり、
冷蔵庫を覗いたりされたら、
腹も立つし、出て行ってほしいと思うものです。

私たち人間は、神様のお土地(地球)に、
一時的に住まわせてもらっているのです。

他人の家で傍若無人な振る舞いをしているのが
自分自身ではないか、
よく点検することが大事なことではないでしょうか。

Thursday, December 24, 2009 H21.__03


192  神様の子どうし

あなたも 私も 神様の大切な子供
誰でも みんな 神様間の大切な子供
互いに 傷つけたり 軽く見たりしては
神様が悲しまれる
みんなが大切にしあえば
神様はお喜びになる

Wednesday, November 25, 2009 H21.__02


174  天地の恵み

食べ物は、人の力で
作っているのではない。
みな天地が作り与えて下さるのである。
その事を忘れてはならない。
忘れてしまうから、
粗末にもなり、
食の安全が乱れるのである。

Thursday, February 26, 2009 H21.__01