シリーズ「昔むかし」
●癇癪(かんしゃく)持ちの弥右衛門

金光教放送センター


 昔むかし、ある町に弥右衛門(やえもん)という呉服物の商いをする男がおりました。奇麗な着物を扱う商売なのに、弥右衛門はひどい癇癪(かんしゃく)持ちで、いつも家(いえ)の者たちには怒鳴り散らします。ですから働いている奉公人が1人居りましたが、今まで1年と持ったためしがありません。次から次と辞めて行きますので、それも弥右衛門の癇癪の種です。
 弥右衛門にはおかみさんと5歳の佐吉(さきち)という子どもが居りました。この佐吉は体が弱く、食も進まずお腹を壊してばかりおりましたので、顔色も悪くヒョロヒョロし、またそれが弥右衛門の癇癪の種で、おかみさんに、「おまえの育て方が悪い」と八つ当たりする始末です。
 ある日、商いが上手く行かず、プリプリしながら道を歩いておりますと、幼なじみの善造(ぜんぞう)に出会いました。
 「弥右衛門よ、その顔を見ると、また癇癪を起こしているな」
 弥右衛門が、「それの何が悪い!」と怒鳴りますと、「お前は癇癪さえ起こさなければいい奴なのになあ」と善造はしみじみと言います。
 「じゃあ腹が立った時にはどうする?」。弥右衛門が尋ねますと、善造は、「俺の信心している神様の教えは、『腹が立った時にはすぐに怒らずに一度よく考える。これは怒らんならんものか、怒らんでもいいものか。そして本当に怒らんならん時には怒り、大して怒らんでもいい時は怒ることはいらん』まあこういうことだ」。
 「ふーん、なるほどなあ」と弥右衛門は思いました。

(ブリッジ)

 次の日の朝です。弥右衛門は目覚めると床(とこ)の中でたばこを一服する癖があります。おかみさんがたばこ盆に火を入れて枕元へ持って来たのですが、弥右衛門はウトウトまた一寝入りしてしまいました。
 さて、目が覚めてたばこを吸おうとすると、たばこ盆の火が灰になっておりました。
 「けしからん、何だこれは! 途中で消えるような火を入れおって」と、いつものように怒鳴ろうとしましたが、ふと善造の言ったことを思い出しました。
 「わしが一眠りした間に火も眠ってしまったのだ。これは怒らんでも済むことだ」と思い、おかみさんを呼んで、「えらい済まんが、これに火を入れてくれ」と頼みますと。
 おかみさんは、「それは気が付きませんで、悪うございました」と、機嫌良く火を入れ変えてくれました。
 朝ご飯を済ませて、商いに出る身支度をしている時でした。足袋を履こうとすると、その足袋がどちらも右足の方ばかりです。弥右衛門はグッと疳(かん)に障り、いつもなら足袋を投げつけて怒鳴るところを、「おっと待った、ここだ、ここだ」と思い直し、「おい、左足の足袋を出しておくれ」と、おかみさんに言いますと、「気が付かずに済みません。悪うございました」。
 そして、表まで弥右衛門を見送りに出て来ます。弥右衛門はいつになく良い気分で出掛けました。
 商いの方も客の話を良く聞いてことを進めるようにしましたので、とんとん拍子に話が進み、弥右衛門は良い気分で帰って来ると、おかみさんと、そして佐吉も、「お帰り」と言って出迎えに出て来ます。
 それからと言うもの弥右衛門は、「今まで怒らなくてもいいことを怒ったりして、何とアホらしいことをしていたのだろう」
 そして奉公人も居着くようになり、商売は繁盛しました。
 商いに夢中のあまり、すっかり子どもの佐吉の病気のことを忘れておりましたが、ある時、ふと表を見ますと、佐吉が走り回っているではありませんか。ビックリした弥右衛門は、「おい、佐吉は最近どうしたのだ?」とおかみさんに聞きますと。
 「近頃は良く食べて、お腹も壊さずに、元気になりました」
 「へえー、これは不思議なことだな」と思いつつ、ある日、善造にそのことを話しますと、「それはお前の態度が改まったからだろう。これでお前の家は、めでたしめでたしではないか」

 おしまい。 

 


 

《TOPへ》