シリーズ「信心ライブ」
●生かされてあり

金光教放送センター


 金光教の集会で行われた発表や講話などを録音で紹介する「信心ライブ」。
 今日は、神戸市長田区にある金光教尻池教会の谷口忠道さんが、平成28年4月、阪急塚口教会でお話されたものをお聞き頂きます。
 谷口さんは現在74歳。教会長として、教会を訪れる方々の悩みや苦しみに向き合っておられます。年を重ねた谷口さんが、改めて今、若い日のことを振り返ってお話されています。

 実は、私がいつも、「今の今おかげ、ご神徳の中」というような思いにならせて頂いた出発点はですね、学生時代に、腎臓病を患うておりましてですね、毎日がうつむいた生活をしておったというところがあるわけです。
 友達なんかはみんな元気で大学生活を楽しんでおる。私は、もうずっとうつむいて生きておると。それで私は中国語を勉強しておったんですよ。商社へ行って、まあ、そういうところで仕事をしたいなあと、そんなふうに思っておりました。
 ところが、腎臓病になりまして、もうそういう将来の道と言うのか、夢と言うのか、それが、ああ、これはもう駄目だなあと。そうしたら、何を目的に生きて行きゃあいいんだと。何を目的に勉強すりゃあいいんだというところで、なかなかね、自分自身のところで、つかめないんですよ。それでもう、毎日毎日、つらいですね。暗い生活を、学生生活をしておったということです。本当に、希望のない1日1日であったなあということであります。
 それで、そういう希望のないつらい1日1日を過ごしていくということの中で、精神的にですね、非常に追い込まれていくんです。
 人間弱いもんです。もうそういうことになりましたら、悪い方に悪い方に考えていきます。それでついには、死というものを考えていきます。
 まあ、そういうところにいたわけですよ。私の生まれたところは金光教飾磨教会。だから、ご神前があります。そのご神前に、小さな教典が置いてあるんです。それで私もその教典を取りました。それで、教典を取りましてですね、この、パッと開けたら、どういうみ教えが出て来たかと言うたら、「疑いを放れて広き真の大道を開き見よ。わが身は神徳の中に生かされてあり」。こういうみ教えが出てきたんですよ。すごいと思いません?
 それでですね、あのー、皆さん、信じてもらえるかなあ…。このみ教えに出会うてねえ、私は本当に、抱かれてしまったんですよ。「わが身は神徳の中に生かされてあり」。だから、「神徳の中に」という意味は、まだ分かりません。その時は。それで、「生かされてあり」という、そういうみ教えにですね、本当にね、抱かれたんです。それで、ある意味、助かってしまったんですよ。
 というのは、それまでは、今日1日、今日1日、僕はどうやって生きていったらいいんやというところで、「生きる」希望を、なかなか見付けることが出来ない。
 ところが、この教えでは、「生きる」いうことではなしに、「生かされてあり」と。「神徳の中に生かされてあり」。こうなんですよ。そしたら私はね、「ああ、もう生きよう、生きようと思うて、もがかんでもええんやなあ」という気持ちになりまして、もう、抱かれていったらええんやな、生かされていったらええんやなあという、そういう気持ちになってしまったんですよ。
 これは、すごいねえ。み教えのねえ、お徳ですわ。すごいなあと。それで、こういうみ教えに出合うということの中でね、親が一生懸命ね、私が腎臓病やということ知っておりますから、だから、ずーっと祈ってくれておった。親がそういうように祈ってくれておるいう、取次の祈りを受けてね、私は、そのみ教えに出合うことが出来たと、そういうことであります。

 いかがでしたか?
 若いころの病気。そして、その病気をきっかけに陥った、生きる望みを失った、心が沈む毎日。ゆっくりと言葉を紡ぎ出し、噛み締めるように話される静かなお話しぶりから、若い日の谷口さんの苦しみが、ひしひしと伝わってきました。
 今、年を重ねた谷口さんからにじみ出るように伝わってくる安心感は、「神様のお徳の中に生かされているんだ」という実感に支えられて生きてきた、その人生の歩みに裏打ちされていることは間違いありません。
 人は、困難にぶつかり、つらさを抱えた時、生きる希望を失いがちです。そんな時こそ、ふっと一息、深呼吸をするように、 「わが身は、神徳の中に生かされてあり」という言葉をつぶやいてみて下さいね。

 


 

《TOPへ》