おはなしを聴く
Web紙芝居
放送予定
みんなの声
お気に入りに追加
感想を送る
ポッドキャスト登録
ポッドキャストに
対応しています。
過去の放送原稿を
ダウンロードできます。
永井一郎ページ
金光教へのお問い合わせ
更新履歴
オンエア局
関連リンク
金光教放送センター
●すべての音声データの著作権は、金光教放送センターに帰属します。

●営利・非営利を問わず、音声データの再配布は行わないでください。音声データを第三者に渡すことは、著作権侵害になります。

Copyright(c) 2006
金光教放送センター
 
 

金光教放送センターでは、毎週、全国4つのラジオ局で、
「金光教の時間」を放送しています。わずか7分間のおはなしですが、
毎週、人生がゆたかになるヒントがあります。
この「新着番組」コーナーでは、最近5週分の番組を紹介します。
聴き逃した人も、もう一度聴きたい人もどうぞ!
>>本文<< をクリックすると、おはなしの内容が読めます。

 
「平和」
   
八幡の大空襲
7月第5週放送

現在84歳の瀧内幸子さんは、北九州市八幡で生まれ育った。昭和20年8月8日、瀧内さんが10歳の時、八幡の街はアメリカ軍による激しい空襲を受けた。

>>本文<<

 
「教師インタビュー」
   

緩和ケアの現場から

7月第4週放送

治療することが難しい病気の患者さんに寄り添い、体と心のケアをする「緩和ケア」。その「緩和ケア」の現場で活躍する、長崎県・諫早教会の原信太郎さんに話を聞いた。

>>本文<<

 
「こころの散歩道」
   
捉え方の達人
7月第3週放送

楽しいことや嬉しいこと、辛いことや苦しいこと。同じ出来事でも感じ方は人それぞれで、悪く捉える人もいれば、どんなことでも良く捉える「達人」もいる。

>>本文<<

 
「こころの散歩道」
   
あの時のゆかいなおじさんへ
7月第2週放送

祖母の家に片付けのお手伝いに行くと、祖母が嬉しそうに古い手紙を持って来た。中には、便箋と1枚の写真が入っていたのだが…

>>本文<<

 
「こころの散歩道」 
   
助けられたり助けたり
7月第1週放送

阪神淡路大震災のボランティア活動に来ていた大学生に、テレビのインタビュアーが「どんな思いで活動していますか」と尋ねた。その問いに対する大学生のたった一言に、父は目を潤ませた。

>>本文<<