おはなしを聴く
Web紙芝居
放送予定
みんなの声
お気に入りに追加
感想を送る
ポッドキャストに対応しています。下の画像をクリックしてください。
ポッドキャスト登録
永井一郎ページ
金光教へのお問い合わせ
更新履歴
オンエア局
関連リンク
金光教放送センター
本サイトのコンテンツを聴くためには、windows media playerが必要です。
windows media playerを入手する
●すべての音声データの著作権は、金光教放送センターに帰属します。

●営利・非営利を問わず、音声データの再配布は行わないでください。音声データを第三者に渡すことは、著作権侵害になります。

Copyright(c) 2006
金光教放送センター
 

金光教放送センターでは、毎週、全国4つのラジオ局で、
「金光教の時間」を放送しています。わずか7分間のおはなしですが、
毎週、人生がゆたかになるヒントがあります。
この「新着番組」コーナーでは、最近5週分の番組を紹介します。
聴き逃した人も、もう一度聴きたい人もどうぞ!
>>本文<< をクリックすると、おはなしの内容が読めます。

 
ラジオドラマ「晴れのち晴悟郎」第3回  (脚本:菊村 禮 演出:岩澤 敏 
   
恋のうず潮
8月第3週放送

ある秋の日、晴悟郎さんは渦潮を見に鳴門海峡へやってきました。海峡近くの公園にバイクを止めて遊歩道のほうへ歩みかけると、見知らぬお婆さんがニコニコしながら晴悟郎さんに近づいてきました。
>>本文<<

配役:

晴悟郎(68歳)(田中秀幸)、 真理(OL/23歳)(新 千恵子)、 幸助(フリーター/26歳)(田中一成)、 滝(無職/80代)(三輪勝恵)、 ナレーション(掛川裕彦)

 
ラジオドラマ「晴れのち晴悟郎」第2回  (脚本:菊村 禮 演出:岩澤 敏 
   
木陰のおかげ
8月第2週放送

大型免許を取得してバイクを購入した晴悟郎が先ず最初に向かったのは、日本一の富士の山。山の麓の一本道を走っていると、なんとも気持ちのよい風が吹いてきます。大きな木の下で一休みしていると、1人の娘さんが物珍しそうに近寄ってきました。
>>本文<<

配役:

晴悟郎(68歳)(田中秀幸)、 美知子(高校生/16歳)(陰山真寿美)、 幸太(美智子の弟/13歳)(井上里奈)、 米作(村の世話役/50代)(平野正人)、 ナレーション(掛川裕彦)

 
ラジオドラマ「晴れのち晴悟郎」第1回  (脚本:菊村 禮 演出:岩澤 敏 
   
晴悟郎誕生
8月第1週放送

68歳になる天地悟郎さんは、長年勤めた会社を3年前に定年退職しました。会社人間だった天地さんは、生きる張り合いを失くしていました。ある日、妻の勤めで町内会のバスツアーに参加して京都へきたものの、参加者とは話が合わず苛々が募る一方なのでした。
>>本文<<

配役:

天地悟郎(のちの晴悟郎/68歳)(田中秀幸)、 達吉(60代)(平野正人)、 愛子(悟郎の母・故人/30代)(新 千恵子)、 金光教の先生(50代)(田中一成)、 ナレーション(掛川裕彦)

 
平和をテーマにしたおはなし
   
争いを生み出さない生き方
7月第4週放送

85歳の高島さんの生まれ育った大阪は空襲を受け、住んでいた家も焼けてしまいました。高島さんは、戦争をしないような教育が大事だと言います。そして、争いを生み出さないために相手の助かりを願い、世界の平和を祈り続けるのです。
>>本文<<

 
生き生きと生活しておられるご信者さんのおはなし 「信心に出合って」 第3回
   
心の支え
7月第3週放送

牧野さんの日課は、教会に参拝して何でも神様にお願いし、話を聞いて頂くことです。すると不思議と「神様に任せている」という安心感が生まれるのです。

>>本文<<