紀要『金光教学』掲載論文一覧

   文字サイズ


第39号(平成11年)



金光和道神前奉仕開始後の広前の周辺 ―東長屋・「宮」建築など諸経費支出の背景―
金光清治日系金光教信奉者の抑留とその諸相 ―一世信奉者の体験を中心にして―
高橋晴江「家」「稼業」の変容と信 仰―長谷川まつに見る明治期東京布教の一側面―
佐藤武志普通選挙実施前夜の社会運動家達と金光教 ―「社交桜心会」から問われる本教信仰の意義―

21C日韓宗教フォーラム〈日韓宗教研究者交流シンポジウム運営委員会〉発表記録

佐藤光俊国家体制と「宗教」 ―金光教における「近代」の経験―
 …PDFファイルを読む



第38号(平成10年)



渡辺順一諸人救済の視座 ―差別・暴力を視点とした「生神の宮」試論―
竹部弘近世農民の世界観と金光大神の信仰
 …PDFファイルを読む

第36回 教学研究会講演

深澤英隆ポスト・モダニティーと宗教的思考をめぐって
 …PDFファイルを読む



第37号(平成9年)



金光和道大谷村と赤沢文治
 …PDFファイルを読む
大林浩治一教独立とその課題 ―佐藤範雄の宗教法制度化要求―
 …PDFファイルを読む
金光清治北米日本人移民の信仰と生活世界
 …PDFファイルを読む
小坂真弓大患経験の意味と「神の助かり」
 …PDFファイルを読む



第36号(平成8年)



竹部弘天地と心の構造
 …PDFファイルを読む
北林秀生神道金光教会における講社結収の展開とその特質
 …PDFファイルを読む
資料 金光四神言行資料集(五) 桂松平、増田誠元、有田(斎藤)俊三郎、その他の資料類



第35号(平成7年)



渡辺順一「大東亜」戦時下の教団態勢
 …PDFファイルを読む
大林浩治日中戦時下における本教の対支文化事業
 …PDFファイルを読む

【第2回 日韓宗教研究者交流シンポジウム ―金光セッション―記録】

テーマ「日韓の新宗教と伝統文化―近現代における宗教運動とその成立基盤―」

基調発表

荒木美智雄日韓民衆宗教の理解のために
 …PDFファイルを読む

研究発表

大林浩治戦前期金光教の信仰実践
 …PDFファイルを読む
梁銀容円仏教学研究の現況と課題
 …PDFファイルを読む
高建鎬開港期新宗教の後天開闢論の″近代″的変形―東学・天道教を中心に―
李元範近代日韓関係と天理教運動
 …PDFファイルを読む
桂島宣弘幕末における『自他認識』―後期水戸学と幕末国学を中心に―
 …PDFファイルを読む
神田秀雄始源の秩序への回帰
 …PDFファイルを読む
資料 金光四神言行資料集(四) 杉田政次郎



第34号(平成6年)



竹部弘「覚書」における金光大神前半生と天地金乃神
 …PDFファイルを読む
姫野教善神性開示について
 …PDFファイルを読む
岡成敏正金光大神における代替りの問題に関する一考察
―「覚帳」に綴られた次男萩雄の祠掌職に関わる記述内容をめぐって―
三矢田光戦後教団とその教義的課題―「御書付奉体弘通」をめぐって―
加藤実「迷信打破」教義の成立と展開―近代化と信仰のはざまで―
 …PDFファイルを読む

第32回 教学研究会講演記録

山崎達彦社会認識の前提としての「社会」観の問題
 …PDFファイルを読む
資料 金光四神言行資料集(三) 沢井光雄
 …PDFファイルを読む



第33号(平成5年)



渡辺順一天地の規範と生神の道伝え ―「覚帳」の向明神、白神についての記述内容をめぐって―
竹部弘金光大神晩年の「世界」像と「天地」観
 …PDFファイルを読む
坂口光正金光大神晩年の信仰と天照皇大神 ―明治十年七月二十九日の神伝をめぐって―
大林浩治明治末から大正にかけての本教社会実践 ―佐藤重助・片島幸吉の活動を中心に―
金光和道資料論攷 岡山県上道地方からの参拝者 ―金光大神の「広前歳書帳」からみた―

第31回    教学研究会講演記録

大峯顯現代社会と宗教 ―大きな生命へ―
 …PDFファイルを読む
資料 金光四神言行資料集(二) 岡本駒之助
 PDFファイルを読む

第16回   教学に関する懇談会講演記録

李元範韓国の宗教事情について ―宗教の土着化と関連して―
 …PDFファイルを読む



第32号(平成4年)



佐藤光俊「昭和二十九年教規」の制定及び運用過程の諸問題 ―議会制度と教監責任制の意義確認をめぐって―
 …PDFファイルを読む
岡成敏正「覚帳」に見られる親子関係についての一考察 ―金光大神とその長男浅吉の生活史を中心として―
 …PDFファイルを読む    
金光和道研究ノート 教祖広前周辺について ―小野家資料から窺える事跡を中心に―
眞田幹夫研究ノート 「六条院広前祈念帳」について

第30回    教学研究会講演記録

大島末男信仰と神学 ―聖典の現代化をめぐって―
 …PDFファイルを読む
資料 金光四神言行資料集(一) 岡本駒之助
 …PDFファイルを読む



第31号(平成3年)



渡辺順一日本植民地統治下での東アジア布教 ―台湾・朝鮮・満州での布教の軌跡とその問題―
竹部弘明治期の金光大神と神・歴史・時間―「神代」の歴史意識をめぐって―

第29回    教学研究会講演記録

前田祝一教政の課題と信仰の課題
 …PDFファイルを読む
資料 金光大神事蹟集(八) 八木栄太郎~伝承者不明、補遺
 …PDFファイルを読む



第30号(平成2年)



佐藤光俊「昭和二十九年教規」とその運用過程の諸問題 ―戦後教政史における危機意識をめぐって―
 …PDFファイルを読む
渡辺順一信忠孝一本」教義の成立とその意味
 …PDFファイルを読む
竹部弘「お知らせ事覚帳」に見られる「お知らせ」の考察
 …PDFファイルを読む
竹部教雄神名としての「天地金乃神」考―追体験的考察による「立教神伝」―
資料 金光大神事蹟集(七) 古川この~守屋富太
 …PDFファイルを読む



第29号(平成元年)



早川公明
「覚書」「覚帳」の執筆当初における視点の相違について
鈴木義雄
研究ノート 「広前歳書帳」に記された「講」について
荻原 光
研究ノート 金光教典楽史に関する断章
資料 金光大神事蹟集(六) 中島屋喜惣治~藤原嘉造
 …PDFファイルを読む



第28号(昭和63年)



福嶋義次
死を前にした金光大神 ―「身代わり」考―
 …PDFファイルを読む
佐藤光俊
管長退任要求運動の思潮と高橋内局    ―本部出張所報告に見られる文部省との交渉を中心として―
上坂隆雄
信徒運動についての 一考察―管長退任要求運動をめぐって―
岡成敏正
研究ノート 金神とその信仰の諸相について ―民間陰陽道・金神信仰調査から―
資料 金光大神事蹟集(五) 高橋富枝~徳永健次
 …PDFファイルを読む



第27号(昭和62年)



早川公明
「金光大神御覚書」「お知らせ事覚帳」とレトリック ―「覚書」「覚帳」のテクスト分析ノート―
渡辺順一
佐藤範雄の感化救済活動 ―両大戦間期における大逆事件連座者及び無政府主義者達との交渉を中心に―
橋本美智子
戦後民主改革と教団「統合」の課題
小関照雄
「広前歳書帳」(教祖御祈念帳)について
資料 金光大神事蹟集(四) 佐藤範雄~高橋沢野
 …PDFファイルを読む
教団史資料目録(10) 教団史資料<八>(大正元~15年)(3)
 …PDFファイルを読む



第26号(昭和61年)



坂本忠次
戊申詔書下の金光教団―地方改良運動との関連を中心に―
岩本徳雄
「不浄・汚れ」に関する金光大神理解―その背景と意味について―
松沢光明
明治二年三月十五日の神伝に関する一考察
堤 光昭
資料概説 本所における資料収集の経緯とその概要
資料 金光大神事蹟集(三)金光登与~佐藤照
 …PDFファイルを読む
教団史資料目録(9) 教団史資料<七>(大正元~15年)(2)
 …PDFファイルを読む



第25号(昭和60年)



福嶋義次
神としての「天地」 ―金光大神理解研究ノート―
早川公明
「此方」考 ―『覚書』『覚帳』テキスト分析ノート―
佐藤光俊
高橋正雄における信仰的自覚の確立と展開 ―信念の確立と立教神伝解釈の教団論への展開について―
資料 金光大神事蹟集(二) 大西秀~金光真整
 …PDFファイルを読む
教団史資料目録(8) 教団史資料<六>(大正元~15年)(1)
 …PDFファイルを読む



第24号(昭和59年)



藤尾節昭
布教史試論(三) ―布教・縄張り考―
岩本徳雄
金光大神における食の教義
藤井 潔
研究ノート 『お知らせ事覚帳』の執筆開始時点に関する考察
上坂隆雄
研究ノート 「昭和九・十年事件」と佐藤範雄 ―佐藤範雄「日記」を中心として―
資料 金光大神事蹟集(一) 青木茂~大阪教会
 …PDFファイルを読む



第23号(昭和58年)



荒木美智雄
宗教的自叙伝としての『金光大神御覚書』と『お知らせ事覚帳』 ―その宗教学的意味について―
金光和道
幕末から明治十年代にかけての貨幣制度及び物価について
佐藤光俊
高橋正雄における信仰的自覚確立への過程について ―信念模索期を中心として―
藤井喜代秀
教典編纂委員会における教祖伝の編纂過程について
高橋行地郎
研究ノート 神徳考 ―伝承資料を主とした事例研究―
金光和道編
資料 小野家文書(17) 永世御用記(明治4年8月~5年6月)



第22号(昭和57年)



早川公明
「金之神社」考
 …PDFファイルを読む
西川 太
戦時時局下における手続関係の形成
 …PDFファイルを読む
森川眞知子
研究ノート 本教女性布教者についての一試論 ―特に初代女性教会長について―
金光和道編
資料 小野家文書(16) 永世御用記(明治3年11月~4年7月)



第21号(昭和56年)



佐藤光俊
管長罷免要求運動の軌跡と歴代内局の立場 ―昭和九・十年事件史考―
福嶋義次
「人代」 ―その神の忘却と隠蔽についての素描 ―金光大神理解研究ノート―
宮田喜代秀
金光大神教語記録編纂の歴史過程 ―大正二年の「御理解」公刊に至るまでを中心に―
金光和道
資料論攷幕末から明治初年にかけての時刻制度について ―大谷村を中心として―
金光和道編
資料 小野家文書(15) 永世御用記(明治3年2月~10月)
宮田真喜男編
教団史資料目録(7) 教団史資料<五>(明治33~45年)(3)



第20号(昭和55年)



岩本徳雄
神名について
 …PDFファイルを読む
森川眞知子
後家としての神 ―一子大神の生と死―
 …PDFファイルを読む
久保田紘二
『新光』にみられる教義化の諸問題 ―とくに高橋正雄を中心として―
高橋行地郎
金光大神の救済観 ―内信心を視点にして―
 …PDFファイルを読む
山根聖真
研究ノート 明治前期宗教政策についての一考察
 …PDFファイルを読む
金光和道編
資料 小野家文書(14) 永世御用記(明治2年5月~3年2月)
宮田真喜男編教団史資料目録(6) 教団史資料<四>(明治33~45年)(2)

前へ
123
次へ
サイトマップ


Copyright (C) by Konkokyo Reserch Institute since 1954