2014.12.09
フィリピン台風22号についての現地からの報告
(KPACIOからの報告を引用)
「これまでのところアクラン、オルモック、北セブの学校やコミュニティは安全です。
昨年のヨランダと同じような大惨事はありませんでした。
昨日のニュースで、台風が徐々に弱体化していましたが、しかし、東サマル州のTAFTという町は、ニュースで放映されたように一部の家屋や学校の倒壊がありました
メトロマニラでは、昨日から雨が降り続いていましたが被害はなく、これまでのところ無事です。また、地方自治体の対応が早かったため人的被害も少なかったようです。
との現時点での報告がありましたので掲載させていただきます。
Copyright © 2016 KPAC. All Rights Reserved.