クリックするとトップページに戻ります



青い鳥点訳グループ
点訳活動の紹介


金光図書館は、点字図書館としての働きも持っています。
館内に点訳ボランティアグループ「青い鳥点訳グループ」の事務室があり、同グループ
からの点字本は、すべて金光図書館に納められます。
現在、約1万冊の点字本を所蔵しており、金光教団内のみならず全国へ貸し出し
が行われています。

点字図書館としての歩みは、昭和24年、ある金光教教師から金光教図書の最初の点訳本「金光教教典」が、図書館に納められたことに始まります。全国の視覚障害者の方々に金光教の書籍を読んでもらいたい、との願いからでした。
その後も続々と納められる点字本をもって、翌年の昭和25年8月、金光図書館から、全国への貸し出しが開始されることになったのです。
その後、金光町はもとより近隣地域からの点訳希望者が増加し、金光図書館を中心に点訳講習会等が開催されるなど、活動も徐々に広がりをみせ、グループ結成の動きもでてきました。
そして昭和32年12月結成式が行われ、名称も「青い鳥点訳グループ」として、新たな出発をすることになり、こんにちに至っています。
グループの名称は、金光図書館の点訳事業を取り上げたNHKラジオ放送の番組「青い鳥の生みの親」のタイトルからつけられました。

「青い鳥点訳グループ」は、現在、金光教図書を中心にして点訳が進められており、奉仕者約30名が取り組んでいます。
また、その活動を支援する賛助会員も約70名となっており、金光教団のみならず宗教や地域の枠を越えた活動となっています
青い鳥点訳グループ

郵便番号 719−0111
岡山県浅口市金光町大谷320
金光図書館内
TEL:0865−42−2054
FAX:0865−42−3134
振替:01280ー2−15842
点字図書は、全国どこにでも貸し出しいたします。また、来館いただいての閲覧も可能です。
金光図書館までご連絡ください。




全国視覚障害者情報提供施設協会が運営する視覚障害者ネットワーク

Copyright(C) Konko Library All right reserved