舊 拓 高麗 好太王碑
(水谷精拓本)
好太王(広開土王 373〜412)は、高句麗最盛期19代 の王。好太王の没後、子の長寿王が父の功績を顕彰するため建てた碑が、好太王碑。

現在の、中国吉林省集安市に所在し、高さ6.3m、幅約1.5mの角柱の 凝灰岩の4面に文字が記されている。

金光図書館の所蔵する好太王碑の拓本は、見開き4文字が、全12冊3帙に収められている。

表紙に初拓好太王碑と墨書され、各帙の背題は舊拓高麗好太王碑 と書かれている。金光図書館に受入たのは、1951(昭和26)年。

2012(平成24)年、この拓本が、広開土王碑の拓本研究者水谷悌二郎が、研究に利 用し60年以上前に手放した、まぼろしの『水谷精拓本』であることがわかった。

好太王

高句麗の第19代の 王。広開土王ともいう。
南下して百済(くだ ら)を攻め、404〜407年にかけて百済(くだら)を救済しようとした倭軍をやぶり、高句麗発展の基礎をきずいた。


Copyright(C) Konko Library All right reserved