お 知 ら せ

大阪センターからの「お知らせ」と「ご案内」です。
各種の様々な情報を発信しています。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【報告】平成28年度「教師子弟の集い」を開催しました
2016/08/30

平成28年の子弟の集いを8月17日〜19日の日程で、鳥取県で開催しました。一日目は海水浴を予定していましたが、雨天の為、予定を変更し、鳥取砂丘にある、「砂の美術館」に立ち寄りました。最初は海水浴がいいと騒いでいた子供たちも初めてみる迫力ある展示砂像に釘づけとなっていました。次に砂像作り体験をしました。砂像体験も子供たちはのめりこんでいました。
お天気が回復し、夕方には鳥取砂丘に夕日を見に行きました。砂丘の一番上まで登るのに歩いて20分はかかるのですが、子供たちは元気に登っていました。とてもきれいな夕焼けに女の子たちは一斉にカメラを向けていました。

二日目には、宿舎から歩いてすぐの「子どもの国」へ行き、砂ガラス作り、アスレチック遊びを体験しました。
午後からは海水浴で波にのりながら楽しみ、その帰りに砂丘に立ち寄りラクダと一緒に記念撮影もできました。みんな初めてのラクダにドキドキ、ワクワクしながらも楽しそうにすごしていました。
夜には卓球大会があり子供も大人もみんなで楽しみました。

三日目には梨園に行き、梨の食べ放題を体験しました。みんなで色んな種類の甘くてみずみずしい梨をおいしくいただきました。中には食べすぎた人もあったようです。
梨狩りを終え大阪センターへ向けて出発しました。体調不良者もなく、ケガもなく無事に終えさせていただき、充実した二泊三日を過ごせました。

【報告】「第7回大阪センター夏まつり」を開催しました
2016/08/30

 7月15日(金)恒例の第7回大阪センター夏まつりが開催されました。
 参加者は約200名。

 1階では、建物沿いに、焼き鳥、フランクフルト、フライドポテト、お好み焼き、ベビーカステラといった屋台コーナーを設けました。教内の人だけではなく、楽しそうな雰囲気やおいしそうな匂いに釣られて会社帰りの人も立ち寄り、飲食スペースは大賑わいでした。
 同じ1階駐車場では小さなお子さんでも楽しめるコイン落とし、射的、スーパーボールすくいといったゲームコーナーを青年室員やご用奉仕の方々が受け持ち、近所のお子さんたちが満面の笑顔で遊んでいました。

 4階では落語家の桂阿か枝さんと笑福亭笑利さんに出演いただき、落語寄席を開きました。寄席では、伝統芸能の紙切り(リクエストに応じて様々な形を切り抜く芸)の繊細さに驚きの声があがったり、間近で迫力満点の巧みな話芸に惹き込まれ、あっという間の1時間となりました。

 19時からのビンゴ大会では、USJペアチケットを筆頭にサマージャンボ宝くじ、ドライブレコーダーなどの豪華な景品を手に入れるべく、ビンゴカードを手に会場は熱気に包まれました。景品をゲットした方の中には、チラシを見て来られた近所の方もおり、大阪センター夏まつりが地域の方々に受け入れられてきていることが感じられました。

平成27年度金光教本部広前祭典日と祭典の意義
2015/1/1

 ─平成27年度─

●元日祭(会堂)
  ・ 1月 1日(火)     4:45ごろ

新年にあたり、新たな願いを立て、お礼と改まりの心をもって、一年のことを祈願する祭典です。



●春季霊祭(会堂)
  ・ 3月21日(土)    10:00

 各教会及び本部広前には、私たちの先祖をはじめ縁の深い人たちのみたまや、今日まで教団や教会を支え、その発展に力を尽くしてこられた信奉者のみたまが、まつられています。
 改めて霊神にお礼を申し、その立ち行きと信心継承の願いを込めて仕える祭典です。



●天地金乃神大祭(祭場)
  ・ 第1日 3月 29日(日)10:00
  ・ 第2日 4月 2日(木)13:30
  ・ 第3日 4月 5日(日)13:30(大阪団体参拝運行)

 天地金乃神様の広大なみ恵みと深いおぼしめしに対し、感謝の真を捧げるとともに、生神金光大神様をお差し向けくださった神様のへの思いを深め、神願成就を祈願する祭典です。



●教団独立記念祭(祭場)
  ・ 6月14日(日)    13:30

 本教は、1900年(明治33年)、一教として独立し、独自の布教活動ができるようになりました。こうした教団独立に生命をかけられた先人の志を受け継ぎ、教団活動の展開を神様に祈願する祭典です。



●秋季霊祭(会堂)
  ・ 9月23日(水)    10:00

 各教会及び本部広前には、私たちの先祖をはじめ縁の深い人たちのみたまや、今日まで教団や教会を支え、その発展に力を尽くしてこられた信奉者のみたまが、まつられています。
 改めて霊神にお礼を申し、その立ち行きと信心継承の願いを込めて仕える祭典です。



●生神金光大神大祭(祭場)
  ・ 第1日10月 4日(日)10:00
  ・ 第2日10月 7日(水)13:30
  ・ 第3日10月10日(土)13:30(大阪団体参拝運行)


 教祖様のお徳を称え、教祖様が現わしてくださった永世生きどおしの生神金光大神取次をあらためて頂き、私たちもその働きを現わしていくことを祈願する祭典です。
 教祖生神金光大神様は、明治16年10月10日の金光大神祭の当日にご帰幽になりました。そのご命日としての意味も込められています。



●立教記念祭(会堂)
  ・ 11月15日(日)   10:00

 1859年11月15日(旧暦安政6年10月21日)、教祖様は神様から、取次に専念してくれとの立教神伝を頂かれました。そのご神伝を頂き直し、神と人共に生きるあり方にならせていただくことを祈願する祭典です。
 本部では、ご神伝の下がった11月15日に仕えられています。



●布教功労者報徳祭並びに金光真心高清姫百年祭(祭場)
  ・ 12月13日(日)   13:30

 歴代金光様をはじめ、教会長その他布教に功労されたご霊神に対する祭典です。諸霊神を取次の神と仰ぎまつり、その精神を受け継ぎ、布教への願いを新たにしていくものです。



●越年祭(会堂)
  ・ 12月31日(木)   10:00

 年末にあたり、一年間のおかげを受けてきたことにお礼を申し上げる祭典です。



●月例祭(会堂)
  ・ 毎月10日及び22日  10:00

 その月ごとに、お礼、改まり、お願いを申しあげる祭典です。
 月例祭には、天地金乃神様の祭典と生神金光大神様の祭典があります。


第31回大阪まちなみ賞を金光教大阪センターが受賞
2012/03/29

 金光教大阪センターの建築物は、周辺環境の向上に資し、かつ景観上優れたものと認められたため、大阪都市景観建築賞(愛称:大阪まちなみ賞)の奨励賞を受賞しました。
 平成24年3月29日、大阪市公館レセプションホールで開催された表彰式では、建築主である金光教を代表して金光教大阪センターの西川良典所長が表彰状を授与されました。

 大阪まちなみ賞は、美しく個性と風格のあるまちの景観づくりを進めていくために、周辺環境の向上に資し、かつ景観上優れた「建物」や「まちなみ」を広く一般から推薦していただき、その中で特に優れたものを表彰するもので、昭和56年から実施されており、大阪都市景観建築賞運営委員会(大阪市・大阪府・社団法人大阪府建築士会で構成)が選出しています。この賞では、大阪府知事賞、大阪市長賞、まちなみ賞、緑化賞、奨励賞及び特別賞を設けており、受賞作品は、個人住宅、オフィスビル、商業施設、学校施設、宗教施設とバラエティゆたかなものとなっています。

 本年の審査対象は、推薦建物・まちなみ116件中、竣工年月日等による審査対象有効物件である75件(建物68件、まちなみ7件)の中から審査資料にもとづいた1次審査で10件を選出し、現地審査による2次審査を行い、厳正な審査の結果、入賞と決定されました。

第31回大阪都市景観建築賞

[ 賞名] 奨励賞
[作品名] 金光教大阪センター
・建築位置:大阪市中央区久太郎町1-4ー1
・完成年月:2009年9月
・建築主: 宗教法人金光教
・設計者:株式会社日建設計
・施工者: 株式会社大本組

「大阪まちなみ賞ホームページ」で掲載
http://osaka-machinami.jp/collection/collection031.html


久隆浩審査委員長(近畿大学総合社会学部環境系専攻教授)
http://osaka-machinami.jp/greeting.html


東北地方太平洋沖地震の被災者に対する義援金の受付について
2011/03/14

 去る3月11日に、東北地方太平洋沖地震が起こり、それに伴う大津波により多数の死者・負傷者が出ています。家屋の倒壊など被害を受けられた方々には心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復興を祈らずにはおれません。

 現在、官公庁をはじめとする公的機関や民間の諸団体による救援活動が様々な形でなされておりますが、被災された方々への復興支援活動は、今後ますます必要となってくることと存じます。

 そこで、大阪センターといたしましても、本部の「災害救援・社会活動資金」へ協力することにいたしました。
 つきましては、何卒ご趣旨をご理解の上、下記のとおり郵便振替口座へのご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。
 なお、各教会等の被害状況は現在調査中ですが、随時、金光教本部のホームページ

http://web-konkokyo.info/data/n1300078002

に掲載されますのでご参照ください。



●災害救援・社会活動資金受付
送り先:郵便振替口座番号:01200-3-14845
加入者名:金光教本部教庁 災害救援社会活動資金
※振込手数料をご負担ください.



※東北地方太平洋沖地震への義援金は、通信欄に「東北地方太平洋沖地震支援」と明記してください。

日本建築家協会優秀建築選100選に金光教大阪センターが入選
2011/01/12

2010年度、第6回日本建築家協会優秀建築選(主催:日本建築家協会)100選に金光教大阪センターの建物が選ばれました。
 今年から200選から100選に変更され、審査が厳しくなったなかでの入選です。
 今後、JIA建築年鑑「現代日本の建築家 優秀建築選2010」へ掲載され、一般書店でも販売されます。



作品名:金光教大阪センター
氏名:渡辺 豪秀
   喜多 主税
事務所名:株式会社 日建設計
支部:近畿


2010年度「日本建築家協会優秀建築選100選」作品 

http://www.jia.or.jp/member/award/kenchikusen/2010/yushu_list.pdf





menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- by Topics Board -