レディス・フォーラム

平成28年 レディス・フォーラム 報告 

 レディス・フォーラムでは、女性の視点を大切に社会活動を行い、施設訪問に力を入れて取り組んでいる。

 今年は8月29日に、児童養護施設「南山寮」(名古屋市昭和区)へ訪問した。レディス・フォーラムとしては3回目の訪問となる。
 これまでは、ミュージックベルや絵本の読み聞かせなど、こちらから子どもたちへ発表するばかりの内容であったが、今回は子どもたちとふれあい、共に楽しむ内容を考えた。

 まず、あいさつの後、ミュージックベルの演奏にのせて、「おもちゃのチャチャチャ」や「アンパンマンマーチ」など、一緒に歌える曲で子どもたちの笑顔をしっかりと捕まえた。
 そして目玉企画である「すごろく大会」。四つのチームに分かれて、ドッジボールほどあるサイコロを振ってコマを進めていくのだが、サイコロが転がるたびに、子どもたちが一斉に追いかけてしまい、収拾がつかなくなり仕切り直すほどの大騒ぎだった。
  すごろくのマス目には、ところどころにクイズや昭和の遊びに挑戦するマスを用意した。慣れない昭和の遊びに苦戦するかと思いきや、意外なほど子どもたちは器用にコマを回し、けん玉やお手玉もそつなくこなした。二十マスほどのすごろくであったが、大いに盛り上がり、時間はあっという間に過ぎた。最初のチームがゴールする頃には予定時間を大幅に超え、用意していた紙人形劇は中止となってしまった。
  はじめは子どもたちの有り余る元気に圧倒されそうになったが、こちらが考えていた以上に、子どもたちはすごろくや昭和の遊びを楽しんでくれた。
  終わりのあいさつで、「またきてもいいかな?」との問いに、大きな声で「いいよー」と答えてくれた笑顔に、今日の訪問に向けてあれこれと考えた苦労も報われた思いであった。
  名古屋センターへ戻った後、「次はああしよう」「こうしよう」と今回の反省を活かした次回の内容づくりに、子どもたちから元気をもらったフォーラムメンバーも、興奮冷めやらぬといった様子で、充実した一日を過ごした。

 


過去のレディス・フォーラムの報告はこちら