金光教講演会

 金光教講演会は、広く金光教の信仰にふれて頂きたいとの願いのもと、毎年、公開の場で開講しています。


平成28年 金光教公開講演会

 7月3日  名古屋港ポートビル 138名 

講師 小澤 浩 氏(宗教史学者・近代日本民衆宗教史専攻・元富山大学学長)
講題 「人が助かることさえできれば―人が助からねば世も助からぬ―」

 社会に広く金光教を知らしめていく活動として、金光教公開講演会を開催した。
 元富山大学学長・宗教史学者の小澤 浩 氏が、東京・大阪・名古屋を会場に約90分、金光教に対する思いを語った。

 ○耳を離れぬ声と、教祖の言葉

 私の原点として二つのことが挙げられる。
 一つは戦争体験。十歳の時、大好きであった叔父が戦争で亡くなった。まるで兄弟のように、いつも一緒に同じ部屋で寝起きしていた。「どっどどどどうど、どどうどどどう」『風の又三郎』を読んでくれた叔父の声は今も耳によみがえる。その叔父を亡くした喪失感は、子供ながらにたとえようもない深いものであった。戦争による「死」が、いかに残酷で理不尽なものかを思い知らされた。そこから、大学へ進み、戦争を阻止できなかった要因を、人々の心の有り様から追究する「民衆思想史」という学問分野に進んだのだ。
 もう一つの原点は、大学時代に出合った『金光教教典』だ。そこに書かれている教祖の言葉は、平易な言葉であるにも関わらず、事柄の本質を貫く。そして「人が助かることさえできれば結構である」との言葉に注目した。この「人」は人類そのもの(総氏子)であり、無条件の助かりが願われている。この願いは他の宗派や思想、宗教が嫌いという人にも受け入れられる説得力があると思う。「人が助かることさえできれば」という願いを、少しでも広げ平和へとつなげていきたい。

○人助けに生涯を捧げた人たち

 岐阜県・垂井教会の松本清次郎師は、日中戦争で大変な経験をされた。初年兵だった松本師は、敵の捕虜を的にして、試し突きの稽古を強いられた。次々に試し突かれていく中、松本師は最後まで銃剣を取ることはなく、これを拒み続けた。兵士としてあるまじき行いとして、半日水に漬けられて責められ、終わった時には半身紫色にむくれ上がり、生きた人間の姿ではなかった。このお道に生かされてあるからこそ、人の助かりを願うからこそ、松本師は自分がどうなってもかまわない思いであったのだ。

 この他、北朝鮮に渡り、戦争によって虐げられた人々たちと共に生きた金光教羅津教会長の幸田タマ師や、内戦により飢餓地獄と化した中国・長春市で、無残にも亡くなった数十万人の遺体を目の前に、自らも生きるか死ぬかの状態の中、祖先賛詞を唱え「どうか救われてくれ…」と祈りを捧げた信奉者の大久保宅次氏を例に上げて、教祖の信心を身をもって現し生きた人たちとして紹介した。

 金光教について語る講師の情熱に、参加者の胸の中にも、「人が助かることさえできれば」との教祖の熱い思いが伝わったのではないかと思う。

※小澤 浩 氏プロフィール
  1937年に富山県生まれ。1963年国際基督教大学教養学部卒業。1989年富山大学文学部教授に就任。2001年に富山大学学長就任、同年辞職。宗教史学者、近代日本民衆宗教史専攻。

 


過去の金光教講演会の報告等はこちら