輔教集会


  輔教集会は、管内在籍の輔教を対象に、情報交換・教団人としての意識醸成など輔教の自覚と働きを高めることを願いとした集会です。


平成28年度 輔教集会 テーマ「道を伝える私にならせてください」

 講師 和田真直(まなお)氏(大阪府・東堀教会 信徒)
 講題 「手段から目的へ」

   8月21日 名古屋港湾会館 輔教63名参加

 本年は、開催テーマを、「道を伝える私にならせてください」と掲げ、実際にお手引きを実践している信徒の講話をもとに、信心継承(家族・知人など)を願う上で、お結界にいざない、寄り添うことの大切さについて求め合った。

 講師の和田真直氏は、「手段から目的へ」と題して、はじめに、自身の信心の変化について、次のように語った。
 「信心始めの頃は、難儀の解消、おかげを頂くための信心であったが、本部広前へ日参し、金光様のお取次を頂くうちに、毎日がありがたく、神様が引っ張ってくださる心持ちになった。参拝が楽しくなってきた。参らないといけないではなく、参りたくて参っている。その時に、手段のための信心から、信心が目的に変わったのだと感じた」  続けて、実例を紹介しながら、お手引きの大切さについて語った。
 「皆、もしお手引きした人が助からなかったらどうするのか?と、心配が先に立ちがちである。お手引きしてからは先生の仕事、助けるのは神様の仕事と割り切ることがいる。また、お手引きをしながら自分も信心を進めていく姿勢が大事であり、目の前の困っている人を助ければ、神様、教祖様は喜んでくださると思うことが大切である。信心ほど面白いものはない」

 講話の後、二名の輔教が実践発表を行った。
 発表要約
○「社会でのお手引き」中谷 博紀 氏(静岡教会)
 四十年来の友人が、大変難しい肺の病気を患った。治療は病院の医師におまかせし、何とか生き方のおかげを頂いてほしいと思い、一度、私の信心している神様へ参ってみませんか、と誘った。教会長にお取次を頂いて、理解をしていただいた。病気のほうは大変順調にいき、回復は難しいが良い状態を保っている。
 お手引きについて、教会長から、「信心の良いことを伝えるのはあなたの役目。信心するかどうかはその人の役目」と教えてもらった。友人、知人にも病気などの難儀を抱える人が増えてきた。その都度、助かっていただきたい思いでお取次を頂き、幸せを祈って御神米を渡したり、み教えの冊子をお届けしている。

○「家庭での信心継承」 田中 由美 氏(幅下教会)
  長男は独立して近くに住んでいるが、仕事を理由にフォーゲル活動や教会活動に参加してくれないときがある。あるとき、それまでの不満な思いを息子にぶつけてしまい、お嫁さんが引いてしまうほどの大喧嘩をしてしまった。でもそれが良かった。神様がありがたいということを自然に話すことができた。喧嘩したことによって、お嫁さんも私の思いを素直に受け止めてくれたと思う。
 それから少しずつ二人で参拝させていただき、神様へのお届けもできるようになった。お嫁さんも進んで教会のご用をしてくれ、大変ありがたく思う。


過去の輔教集会の報告等はこちら